カンガルースタイルがおすすめ! これで冬キャンプを楽しもう!

アウトドアで人気のキャンプですが、これからの季節は寒さが心配です。

 

秋冬のキャンプでは、いかに暖かく快適に過ごすかがポイントとなってきます。

 

肌寒い時季のテント泊におすすめのキャンプスタイルの「カンガルースタイル」。

 

 

ストーブで暖をとるのはもちろん、テントとタープのレイアウトを変えるだけでも暖かさは変わってきます。

 

そこで今回は、これからの寒い季節でもキャンプを楽しめるおすすめしたい「カンガルースタイル」をご紹介します!

 

 

・キャンプに興味がある人

・秋冬でもキャンプを楽しみたい人

・カンガルースタイルのキャンプに興味がある人

 

 

 

カンガルースタイルって何?

出典:ogawa

屋根となる大きなテントやタープの下に、寝室となるソロテントやワンタッチテントなどを張ったスタイルのことを言います。

 

まるで親カンガルーのお腹の袋に子が守られるように、大きな屋根で小さなテントを守っています。

 

 

テント下からの冷気が厳しい季節など、年間を通して快適なキャンプを楽しむために多くの人が取り入れています。

 

初春や初秋など、まだ肌寒い時季のテント泊におすすめなのが、カンガルースタイルです。

 

 

 

カンガルースタイルのおすすめポイント

出典:FIELDOOR

わざわざシェルターとテントを使ってカンガルースタイルをするのか疑問に思う人もいると思います。

 

カンガルースタイルだからこそのメリットをご紹介します。

 

 

冷気を防いで暖かい!

 

カンガルースタイルの場合、シェルターやタープがフライシートの役目を果たします。

 

フライシートには外気と室内の温度差を小さくして結露を防ぐという役割があります。

 

住宅の二重断熱構造のように、フライシートで外からの温度変化を遮断して、室温を維持することが出来ます。

 

そのため寝室用のテントはインナーテントだけで設営することが出来ます。

 

シェルター内で暖房器具を使うことで、リビングスペースと寝室用テントを一緒に温めることができます。

 

石油ストーブ等で暖を取る場合、定期的に空気の入れ替えをして一酸化炭素中毒に注意しましょう!

 

 

レイアウトの自由度が高い!

 

リビングと寝室が一体化した2ルームテントでは、寝室用のテントの位置が決まっています。

 

しかし、カンガルースタイルはテントとシェルターが別々なため、インナーテントをお好みの位置に置くことができます。

 

またワンポールテントの場合、寝室は斜めにセッティングしてデッドスペースを最小限に抑えることができるので、チェアやテーブルなどを効率よく配置できます。

 

寝室用のテント設営位置が自由なため、リビングスペースを効率良く利用しましょう!

 

 

設営と撤収が簡単!

 

カンガルースタイルでは、寝室用テントは雨や風の心配がないため、寝室用のテントのペグ打ちは必要ありません。

 

寝室用テントにワンタッチテントなどを使用することで簡単に設営ができ、時短にもなります。

 

 

フライシートを利用すると結露するため、撤収時にフライシートを広げて乾かすのは、時間や手間がかかります。

 

カンガルースタイルでは、シェルターを開放しておくだけで空気が入り乾燥するため、スムーズに撤収を行うことができます。

 

 

 

カンガルースタイルの注意するポイント

出典:snow peak

メリットが分かったところで、シェルターとテントがあればカンガルースタイルができる訳ではありません。

 

快適なカンガルースタイルをするための気をつけなければいけないポイントをご紹介します。

 

 

フルクローズするシェルターとインナーテント使用!

 

寒い時季は、フルクローズするインナーテントやシェルターを使いましょう。

またシェルターは外気を室内に入れないようにスカート付きのものを使うことであたたかく過ごせます。

 

 

インナーテントのサイズに注意!

 

リビングスペースを大きく確保するためにインナーテントは使用人数ギリギリの小さなテントにしましょう。

 

リビングスペースが小さくなると、レイアウトの自由度も低くなってしまいます。

 

テント内で密集する方が熱がこもりあたたかく快適に過ごすことができます。

 

 

寒さ対策は万全に!

 

カンガルースタイルにしたから寒さを感じないわけではありません。

冷気は地面からからも感じます。そのため地面からの冷気もしっかり防ぎましょう。

テント内にマットやブランケットを敷いたりして、寒さ対策は欠かさないようにしてください。

 

 

 

カンガルースタイルにおすすめアイテム

出典:DOD

初めてでも使いやすいカンガルースタイルの関連グッズをご紹介します。

 

 

シェルー

 

カンガルースタイルでもっとも大切なシェルターです。

 

耐水圧が高ければ高いほど、外気を遮断する効果が高いです。

 

リビングスペースとインナーテントの配置などを考えて、サイズを選びましょう。

 

Coleman タフスクリーンタープ/400

天井が高いのでリビングスペースがとても広く感じます。カンガルースタイルもちろん、ドームテントとの連結にも最適なのでオールシーズン使いやすいタープです。

 

1人でもスムーズに設営しやすいアシスト機能付きなので、初心者の人でも安心して使えます。

出典:Coleman
Coleman タフスクリーンタープ/400
●サイズ:400×360×210cm
●収納サイズ:74×24cm
●重量:12.5kg
●素材:タープ/ポリエステル75D ポール/アルミ合金約ø16mm ジョイントフラップ/FRP約ø7.9mm
●耐水圧:2,000mm
●付属品:ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース

 
 
 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kikuo Mori(@kikuomori)がシェアした投稿

 

 

snow peak メッシュシェルター

430×400の広々としたスペースとメッシュパネルが多く開放的なシェルターです。フレームの数が少ない構造のため初心者の人でも設営がしやすくなっています。

出典:snow peak
snow peak メッシュシェルター
●サイズ:430×400×210cm
●収納サイズ:76×26cm
●重量:11.7kg
●素材:タープ/ポリエステル75D フレーム/A6061(φ13mm+φ16mm+φ19mm)
●耐水圧:1,800mm
●セット内容:セット内容:本体、リッジポール、Aフレーム(×4)、センターフレーム(×2)、バイザーフレーム(×2)、ジュラルミンペグ(21cm×22)、自在付ロープ(1.5m×2、2.5m×6、3.0m×4)、フレームケース、ペグケース、キャリーバッグ、シームシーリング剤

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayo(@paris_1026)がシェアした投稿

 

 

ogawa ツインクレスタ

コンパクトな見た目を裏切る、Y字ポールによる快適な広さと美しい曲線がおしゃれです。

テントにもタープにも使える、初心者からベテランキャンパーまで満足できるシェルターです。

出典:ogawa
ogawa ツインクレスタ
●サイズ:570×305×200cm
●収納サイズ:72×26cm
●重量: 6.9kg(付属品除く) 付属品重量:約2.9kg
●素材:フライ/ポリエステルリップストップ75d
     ポール/6061アルミ合金 φ22/14.5mm
●耐水圧:1,800mm
●セット内容:張り縄、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋/機能:テフロン、UVカット、SEAM SEAL

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kumiko(@aranabe0808)がシェアした投稿

 

 

Tent-Mark DESIGNS サーカス TC DX

おしゃれ感満載のテンマンデザインのワンポールテントですが、カンガルースタイのシェルターとして愛用されるキャンパーも多く、人気のテントです。

 

春夏はワンポールテントとして、秋冬はカンガルーのシェルターとして、季節を選ばず長く愛用できるテントです。

出典:Tent-Mark DESIGNS
Tent-Mark DESIGNS サーカス TC DX
●サイズ:420×420×280cm
●収納サイズ:63×27cm
●重量: 12.3kg
●素材: [本体] コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%) [裾部(スカート)] ポリエステル [ポール] スチール製5本継ぎ(φ32mm/280cm)×1本、スチール製3本継ぎ(φ22mm/200cm)×1本
●セット内容:ポール、張り網、設営用ガイドセット、ペグ、収納袋

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@_tatsu.74_がシェアした投稿

 

 

テント

寝室用のインナーテントは設営・撤収を楽にするために、軽量のワンタッチ式がおすすめです。

 

シェルターで雨や外気は遮断してくれますので、インナーテントはフライシートを使わなくても大丈夫です。

 

 

DOD ワンタッチテント

袋からテントを取り出し、足を広げてロープを引くだけの設営・撤収が簡単な寝室用ワンタッチテントです。

 

2人でゆったり快適に使用できるサイズ、大型窓で換気調節ができるなど使いやすさの工夫がされています。

出典:DOD
DOD ワンタッチテント
●サイズ:230×150×117cm
●収納サイズ:70×19cm
●重量: 3kg
●素材: トップ/66Dポリエステル フロア/ポリエチレン ポール/グラスファイバー
●セット内容:トップシート、ペグx8、ロープx4、キャリーバッグ、取扱説明書

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CHIKA(@chikatoakari)がシェアした投稿

 

 

FIELDOOR ワンタッチテント150

組み立ての所要時間はなんと15秒。折り畳み傘のように紐を引くだけのワンタッチ設営!

コスパ最高で、この使いやすさは初心者の人にはありがたいテントです。

出典:FIELDOOR
FIELDOOR ワンタッチテント150
●サイズ:200×150×135cm
●収納サイズ:74×17cm
●重量: 2.8kg
●耐水圧:フライ/約3,000mm フロア/約1,500mm
●材質:生地/ポリエステル シート/ポリエチレン ポール/グラスファイバー
●セット内容:ペグ:スチール×13本、ロープ、収納ケース

https://twitter.com/tomoyo_takei/status/1295959768905859073

 

 

Coleman ツーリングドーム S+

日の出とともにテント内が明るくなって、早起きをしてしまうことってありませんか?

このテントは日光をブロックして光を遮断してくれるので、ゆっくりとした朝を迎えれます。

コンパクトで設営や撤収が簡単だから、初心者でも使いやすいテントです。

出典:coleman
Coleman ツーリングドーム S+
●サイズ:210×120×100cm
●収納サイズ:60×6cm
●重量: 3.5kg
●耐水圧:フライ/約3,000mm フロア/約1,500mm
●素材:フライ/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール) フレーム/スチール
●セット内容:ペグ、ロープ、収納ケース

https://twitter.com/mu_chan1030/status/1299311298719563776

 

 

CAPTAIN STAG リベロツーリングテント

軽量コンパクトでカンガルースタイルのインナーテントとしてはもちろん、ツーリングやソロキャンプにおすすめのテントです。

出典:CAPTAIN STAG
CAPTAIN STAG リベロツーリングテント
●サイズ:210×130×130cm
●収納サイズ:40×16cm
●重量: 3.1kg
●耐水圧:フライ/約3,000mm フロア/約1,500mm
●材質:フライ/ポリエステル70D(PU防水加工)、インナーテント/ルーフ・ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水加工)、フロア=PEクロス、メッシュ:ポリエステル1mmメッシュ、ポール:φ7mm グラスファイバー
●セット内容:ペグ8本、ハンマー1本、ペグ用収納袋1枚、ポール用収納袋1枚、キャリーバッグ1枚

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tsukapon(@tsukapon.11)がシェアした投稿

 

 

マット

インナーテント内はマットを使用することで、地面からの冷気を遮断することができます。

 

冷たい地面と地面の凹凸を感じると眠りづらいので厚みがあるマットをおすすめします。

 

snow peak キャンピングマット2.5w

付属の収納ケースは、エア注入バッグになる機能を備えているので、エアー注入作業も楽に行えます。

 

高いクッション性を保持し優しい寝心地で地表のコンディション関係なく睡眠を取ることが出来ます。

マットを連結しすれば段差もなく親子で一緒に安心して寝れますよね!

出典:snow peak
snow peak キャンピングマット2.5w
●サイズ:198×77×6.2cm
●収納サイズ:85×20cm
●重量: 1.9kg
●素材:表地/75Dポリエステル、裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工、インナー/TPUフォーム、バルブ/ABS樹脂
●セット内容:マット本体、ポンプ収納ケース、リペアキット

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GINESU会長(@fieldclubginesu)がシェアした投稿

 

 

DOD ソトネノキワミS

体を包み込むような伸縮性のある表面生地に、贅沢に10cm厚のウレタン材を使用。

まるでフィールドにベッドを持ち込んだような快適な睡眠が実現します。

枕も付いているので寝心地は最高です!

出典:DOD
DOD ソトネノキワミS
●サイズ:208×80×10cm
●収納サイズ:91×23cm
●重量: 4.6kg
●材質:マット&枕本体/ポリエステル(TPUコーティング)、中材/ポリウレタンフォーム
シーツ部分/ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
●セット内容:枕、補修パッチ、タイダウンベルト、キャリーバッグ、バルブキャップ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hoshino★fam(@star._.camp)がシェアした投稿

 

 

WAQ インフレータブル式マット

ひし形に打ち抜いた形状に設計しエアーによるマットの張りとウレタンによる程よい沈み込み。

体が浮く感じや体が沈み込み過ぎる事もないので寝返りもしやすいく寝心地最高です。

 

売り切れ御免の大人気マットです!

出典:WAQ
WAQ インフレータブル式マット
●サイズ:190×65×8cm
●収納サイズ:65×20cm
●重量: 2.5kg
●素材:表地/75Dポリエステル 裏地/75Dポリエステル(滑り止め加工) クッション材/ウレタンフォーム 特殊加工 バルブ/ABS樹脂
●セット内容:収納ケース、補修テープ×2、ゴムバンド

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬のミーコ(@stowaway_who)がシェアした投稿

 

 

コット

 

マットだけでは寝れないという人にはコットを使ってみるのも良いでしょう。

 

キャンパーにも人気のコットですが、秋冬の冷たい冷気を避けるためにハイタイプのコットをおすすめします。

 

FIELDOOR アウトドアコット

地面のゴツゴツや冷気を抑えるのでベッドやベンチとしてもオススメ!

アルミフレームで軽くて丈夫なので、持ち運びにも便利です。

出典:FIELDOOR
FIELDOOR アウトドアコット
●サイズ:(約)190cm×69cm×40cm 座面 : (約)190cm×60cm
●収納サイズ:(約)92cm×17cm×8cm
●重量:5.1kg
●素材:生地 : ポリエステル100% フレーム : アルミ合金 (A6063)
●耐荷重:180kg

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tancam(@tancam4)がシェアした投稿

 

 

WAQ 2WAY フォールディングコット

ハイタイプとロータイプの2WAY式で、環境に合わせて使い分けることができるおすすめのコットです。

ハイタイプにして昼はベンチや荷物置きとして、夜は就寝用のベットとして使えます。

またファミリーキャンプではロータイプにして子供のお昼寝用とさまざまな使い方ができますよね!

出典:WAQ
WAQ 2WAY フォールディングコット
●サイズ:(約)190cm×67cm×37cm(ハイ) 17cm(ロー)
●収納サイズ:(約)60cm×18cm×18cm
●重量:3.2kg
●素材:生地 : 300Dナイロン フレーム : 超々ジュラルミン(A7075)
●耐荷重:150kg
●セット内容:コット生地×1 レッグフレーム ×3 レッグポール×12 収納袋 ×1

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

らて(@rate600)がシェアした投稿

 

 

Coleman パックアウェイ コット

折りたたみ式で簡単に設営ができる楽チンコットです。アルミフレームで軽く、持ち運びもしやすいです。
就寝時に意外に困るのがスマホの置き場。サイドポケット付きでスマホなどが収納できるので置き場にも困りません。
出典:Coleman
Coleman パックアウェイ コット
●サイズ:(約)190cm×64cm×38cm
●収納サイズ:(約)94cm×17cm×22cm
●重量:4.6kg
●素材:シート/ポリエステル フレーム/アルミニウム
●耐荷重:コット/約80kg、ベンチ/約70kg×2
●セット内容:収納ケース

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryohei Umeno(@r.umekko79)がシェアした投稿

 

 

まとめ

出典:tent-Mark DESIGNS
これからの季節のキャンプは空気が澄んで星空もキレイで、虫もいなくなって快適です。
 
少しでも寒さを和らげてせっかくのキャンプをおもいっきり楽しみたいですよね!
 
 
ぜひこの秋冬に初のカンガルースタイルに挑戦してみてはください♪
 
 
↓寒い朝に飲みたくなる淹れたてのホットコーヒー おすすめ記事↓
関連記事

キャンプ場で自然に目覚める朝。小鳥のさえずり、風に揺れる木の枝の音。 そんな自然の中で飲むコーヒーは、普段飲むコーヒーよりさらに美味しく感じます。 「ビアガーデンで飲むビールが美味しい」、「外で食べる弁当[…]

 
スポンサーリンク