デイキャンプを初心者が楽しむためには?持ち物には何が必要?

アウトドアブームで、特にキャンプが大人気でテレビなどでもよく放送されていますよね。

 

テレビやYouTubeを見てキャンプに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

 

家族でいつか行ってみたいとは思っても、いきなりキャンプに行くのは不安がありますよね。

 

 

そこで初心者の方はまずデイキャンプから始めることをおすすめします。

 

デイキャンプは、日帰りで気軽に楽しめるキャンプです。

 

初心者の人でも安心して楽しめるデイキャンプの魅力とデイキャンプに必要な持ち物をご紹介します。

 

 

・デイキャンプとは?

・デイキャンプの魅力

・デイキャンプの注意点

・デイキャンプに必要な持ち物

 

 

スポンサーリンク

デイキャンプとは?

出典:DOD


デイキャンプとは「DAY(日中)」と「キャンプ」を合わせた言葉であり、日帰りで行うアウトドアキャンプのことです。

 

デイキャンプは、宿泊しないので初心者の人でも気軽に楽しむことができます。

 

泊まりだと連休を取ったりとスケジュール調整が必要ですが、デイキャンプなら単発の休みで行くことができます。

 

 

 
あいるわ
デイキャンプは計画が立てやすいです!

 

 

デイキャンプの魅力は?

出典:snow peak

初心者の人でも安心して楽しめる魅力がデイキャンプにはあります。

 

おすすめしたいデイキャンプの魅力をまとめました。

 

 

荷物が少なくて、準備が簡単!

デイキャンプはキャンプと違い、宿泊しないため荷物が少なく、準備も簡単です。

 

泊まりとなると、衣類、キャンプ用品、食材と、前日から荷物の準備が必要になります。

 

その点デイキャンプであれば、日中過ごすためのテーブル&チェア、調理道具&食材、あとはタープなどがあれば大丈夫です。

 

すぐ計画して実行に移せるのもデイキャンプの魅力です。

 

 

自然の中で料理を楽しむ

デイキャンプの一番手軽で楽しめるのは、自然の中でBBQでしょう。

 

お肉や野菜を焼いたり、やきそばを作ったりいろいろできます。

 

もちろんそれ以外にも、ダッチオーブンやピザ窯などで思いっきり料理を楽しむこともよいでしょう。

 

スモーカーで燻製などもおすすめです!

 

普段家では手伝わない子供たちと一緒に料理するのもデイキャンプならではの楽しみ方です。

合わせて読みたい

大人気のファミリーキャンプ!自然のなかで過ごす家族との時間はいいものです。 普段はテレビを見たり、ゲームをしたりしている子供たちでも、いつもと違った環境で進んでお手伝いをしてくれます。 キャンプの楽しみの[…]

 

 

子供と一緒にアクティビティを楽しむ

キャンプ場によっては、川で水遊びができたり、自然の木をそのまま使ったアスレチックがあったりと、子供と一緒に遊べるスポットがあったりします。

 

広場でのびのびとキャッチボールしたり、バトミントンをしたりして楽しむこともできます。

 

子供を飽きさせずに安心して過ごせるのもデイキャンプの魅力です。

 

 

キャンプ場の使用料がとても安い

デイキャンプとはいえ、キャンプ場を利用する場合は料金がかかります。しかしキャンプに比べ値段は半額以下で利用できるキャンプ場が多いです。


もちろんキャンプ場以外の河川敷や公園などでは無料の場所もありますが、トイレがあるか?水道はあるか?火を使っていいか?など事前の調べが必要になります。

 

そのため初めての人には安心して使えるキャンプ場などでのデイキャンプをおすすめします。料金的にも1,000円〜2,000円で使用できる所もあります。

 

 

季節を選ばない

寒い冬のキャンプの場合、ハードルが一気に上がるため、装備や道具を揃える必要があります。

 

そうなってしまうと初心者の人は気軽に楽しめなくなってしまいます。

 

しかしデイキャンプならタープと焚き火台があれば寒さは大丈夫なので、道具もそれほど必要ではありません。

 

虫などがいないこともあり、意外にも冬のデイキャンプは人気なんです!

 

 

 

 
あいるわ
デイキャンプなら初心者の人でも始めやすいですね!

 

 

 

デイキャンプの注意点は?

出典:snow peak

デイキャンプを行うには通常のキャンプとは違う注意しなければならないことがあります。

 

デイキャンプを楽しむためにも注意しましょう。

 

 

利用時間が限れれている

キャンプ場でデイキャンプを行うには、キャンプ場や施設によっては利用できる時間が決まっています。

 

終了時間までには荷物をまとめて出れるように片付けなければなりません。

 

もしも時間を過ぎてしまうと、場所によってはゲートを閉められてしまい、退場できなくなる場合がありますので注意して下さい。

 

デイキャンプを楽しめる時間には限りがありますので、片付けの時間なども計算しながら楽しんで下さいね。

 

 

またキャンプ場や施設ではない場所でのデイキャンプには時間の制限はありません。

 

ランタンなど持参すれば日が暮れても楽しむことはできますが、近隣に迷惑が掛からないようしてマナーを守りましょう。

 

 

飲酒ができない

デイキャンプはその日のうちに帰らないと行けません。テーブルや椅子など荷物を運ぶために車で利用する人がほとんどだと思います。

 

当然ですが、車の運転があるので飲酒はできません。ノンアルコールのドリンクでデイキャンプを楽しんで下さいね。

 

万が一飲酒をしたい場合は、デイキャンプ用の道具をレンタルしているキャンプ場を利用して、公共交通機関で現地に行く必要があります。

 

バーベキューなどで飲酒はしたくなると思いますが、ルールはしっかりと守って下さいね。

 

 

 
あいるわ
嫌な思い出にしないためにもルールは守りましょう!

 

 

スポンサーリンク

デイキャンプの持ち物は?

出典:snow peak

デイキャンプは宿泊しないためシュラフや大型テントなどは必要ありません。

 

そのため車にたくさんの荷物を積む必要もなく、準備が少なくいつでも気軽に行けるのでデイキャンプの大きな魅力です。

 

初心者の人でもデイキャンプを楽しめるように持って行って欲しい道具を紹介します。

 

 

デイキャンプにテントは必要?

デイキャンプだからテントは必要ないだろうと思う人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん宿泊はしないので大型のテントを準備する必要はありません。

 

しかし急な天候の変化や子供の昼寝など、少し休憩ができる場所は必要です。

 

大型テントでなくても、ワンタッチ式の簡単なテントで十分ですの準備することをおすすめします。

 

 

 
あいるわ
キャンプに興味あるならテントの購入を検討してもいいですね!

 

 

デイキャンプに必要な持ち物は?

初心者でもデイキャンプを楽しむために、これだけはあった方がいい必要最低限の持ち物をご紹介します。

 

タープ&テント

出典:楽天市場

デイキャンプにタープやテントは必要ないと思う人もいるかも知れませんが、タープやテントはあった方が絶対いいです。

 

タープやテントは雨や日差しを防ぐだけではなく、風も防いでくれます。

 

夏場以外はちょっとした風でも寒く感じてしまいますので、風除けにタープやテントは必要です。

 

小さい子供がいる場合など昼寝をさせるのにも便利ですよ。

 

タープと言ってもいろいろな種類があります。初心者にも使いやすい、自分にあったタープを選ぶようにしましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。

>>ファミリーキャンプにおすすめ!タープの選び方

 

テーブル

出典:DOD

テーブルは食事の時はもちろん必要ですが、食事以外でもドリンクを置いたり、お菓子を置いたりと常に使います。

 

また食材の置き場所や荷物の置き場所など使う場合があるので、複数あった方が便利です。

 

折りたたみ式で軽量タイプの荷物置き用のセカンドテーブルなどがあると、調理の段取りなどもしやすくなります。

 

 

チェア

出典:Coleman

せっかくのデイキャンプ ですので、自然のなかでリラックスした時間を過ごしたいですよね。

 

チェアにもハイタイプやロータイプ、ウッドタイプやアルミタイプなどさまざまな種類があります。

 

自分の好みに合わせて、自分が一番リラックスできるチェアを選びましょう。

 

 

コンロ一式

デイキャンプの楽しみの食事のためには、必ずコンロが必要です。

 

作りたい料理によってコンロも準備するものが変わります。

 

子供が好きなバーベキューなら炭火コンロとその他、炭やトングなどバーベキューをするための道具が必要です。

 

バーベキューに準備したい便利道具はこちらを参考にしてください。

>>BBQで準備するもの 初心者におすすめする便利アイテム7選

 

 

パスタなど簡単に作りたい場合は、火力調整が簡単なガスコンロが便利です。

 

ガスコンロを使って調理する場合は、その他フライパンや鍋など調理に必要な道具の準備も必要になってきます。

 

 

食器類

出典:Amazon

食器類は使い捨てでいいと思われる方もいるかも知れませんが、キャンプ場や施設によってはゴミの持ち帰りをお願いされる場所もあります。

 

そのためゴミを増やさないためにも食器類はなるべく使い捨てではないものがおすすめです。

 

100均一などで売っているプラスチック製の食器で十分ですので事前に準備をしましょう。

 

 

クーラーボックス

出典:snow peak

夏場以外でも食材を運ぶ場合はクーラーボックスが必要です。いくら外は寒いからとはいえ、移動中の車中は暖房などで暖かくなっています。

 

安全のためにもクーラーボックスは使用してくださいね。

 

 

雨具

急な天候の変化などで服が濡れてしまうと体温を奪われてしまい体調を崩してしまう危険性があります。

 

せっかくのデイキャンプを嫌な思い出にしないためにもレインコートやポンチョなどの準備を忘れないようにしてください。

 

 

遊び道具

子供たちは食事が終わると遊びたくて仕方がありません。子供たちを飽きさせないためにもいくつか遊び道具を準備してあげてください。

 

野球道具やサッカーボールやバドミントンなど動ける遊び道具や、シャボン玉なんかも喜んで遊んでくれますよね。

 

 

 

 
あいるわ
荷物を運ぶためにもアウトドアワゴンなどもあると便利ですね!

 

キャンプ場では駐車場に車を停めてから、キャンプサイトまで徒歩の場合があります。

 

キャンプには多くの荷物を運ぶのに便利なアウトドアワゴンがオススメです!

 

詳しくはこちらを参考にしてください。

>>【アウトドアワゴン】5種類を比較

 

 

スポンサーリンク

デイキャンプはキャンプデビューの第一歩!(まとめ)

出典:snow peak

キャンプに興味はあるけど、いきなり外で寝泊まりするのは不安がある人はたくさんいます。

 

初めての人はまずはデイキャンプで経験を積んで雰囲気に慣れましょう。

 

私も初めての時は不安だらけでしたが、デイキャンプの経験を積んでキャンプデビューしました。

 

デイキャンプでテントの設営や食事の準備など、数をこなしたおかげで、段取りよく、スムーズに作業を行えるようになりました。

 

子供達も自然の中で遊ぶことが大好きになり、今では家族みんなキャンプ好きになりました。

 

 

 
あいるわ
子供が喜んでくれることが何よりもうれしいですね!

 

デイキャンプには自然の中で過ごせるキャンプならではの魅力がたっぷりです。

 

あなたもデイキャンプから始めてみてはいかがでしょうか?

 

合わせて読みたい

テレビやアニメの影響でキャンプが大人気で、今から始めようと思っている方も多いです。 なかには自然体験を兼ねて子供たちとキャンプへ行ってみようと思っている方もいるのではないでしょうか?  […]

スポンサーリンク