ドリップコーヒーに必要なものは?キャンプで美味しく呑む方法

キャンプ場で自然に目覚める朝。小鳥のさえずり、風に揺れる木の枝の音。

 

そんな自然の中で飲むコーヒーは、普段飲むコーヒーよりさらに美味しく感じます。

 

「ビアガーデンで飲むビールが美味しい」、「外で食べる弁当は美味しい」と同じように環境や雰囲気で美味しさが変わります。

 

 

キャンプ場など静寂に包まれた自然の中で飲むコーヒーは心を落ち着かせ、まさに至福のひと時です。

 

そんな至福のひと時を過ごせるアウトドアで使いやすいドリップ式コーヒーグッズをご紹介します。

 

最近はインスタントコーヒーも十分美味しいですが、せっかくのキャンプで手間かけて本格コーヒーを味わってみてはどうでしょうか?

 

・キャンプ初心者の人

・コーヒーが好きの人

・挽きたてコーヒーを味わいたい人

 

お気に入りのコーヒーグッズを持ってキャンプに出かけてみましょう!

 

 

スポンサーリンク
目次

キャンプでのグッズは素材・携帯性が大事!

出典:snow peak

キャンプ場で淹れるコーヒーグッズは、家で淹れる道具とは違いがあります。種類だけではなく、素材や携帯性、重量も大切です。

 

キャンプ場で美味しいコーヒーを飲むため、どのような方法があるのかをご紹介していきます!

 

ハンドドリップで決まり!

 

誰でも簡単に手軽にできるのが、ペーパーフィルターを使用して淹れるドリップタイプのコーヒーでしょう。

 

コーヒーの風味は十分楽しめますし、使い捨てができるのが魅力です。使い切りで後始末が簡単なので携帯にも便利です。

 

 

破損しない道具を選びましょう!

 

コーヒーグッズの素材も携帯する上で重要です。陶器やガラスの道具など素敵ですが、持ち運ぶ際に破損する可能性があるので避けましょう。

 

せっかく楽しみにしていた朝コーヒーが道具の破損で淹れられないのはテンションが下がってしまいますよね。

 

ステンレスやチタン製の道具を選びましょう!

 

 

 

道具の選び方は?

出典:snow peak

キャンプ場で使うコーヒーグッズを準備するときに注意しておきたい点をご紹介します。

 

自分が使っているイメージを想像して理想のコーヒーグッズを手に入れましょう!

 

 

コンパクトで軽いのを選ぼう!

 

キャンプ場で使うコーヒーグッズは持ち運びが必要です。テントや料理器具などさまざまな道具がキャンプにはあります。

 

荷物の持ち運びを考え小さくて軽く、携帯性の優れたタイプがおすすめです。

 

 

使う人数を考えよう!

 

コーヒー道具を使うとき、ソロキャンプなのか、グループキャンプなのか、ファミリーキャンプなのか重要です。

 

ソロキャンプなのに、多人数用では道具が大きく荷物になりますし、逆に複数人のキャンプなのに1人だと効率が悪いです。

使う人数に合わせて道具のサイズを選び、携帯性なども考えて、キャンプの種類によって使い分けることをおすすめします。

 

 

淹れ方を考えよう!

 

ハンドドリップでコーヒーを淹れるまでには、さまざまな工程や道具があります。

 

豆を自分で挽くのか、挽いた豆を使うのかでも道具が必要になります。

 

自分の好みの淹れ方で美味しいコーヒーを味わいましょう。

 

出典:snow peak

 

 

スポンサーリンク

キャンプでコーヒーを淹れるために!

出典:snow peak

手軽とはいえ、ハンドドリップでコーヒーを淹れるにはいろいろなコーヒーグッズが必要です。

 

携帯性がよく使いやすいハンドドリップで必要な道具と、その他おすすめなグッズをご紹介していきます。

 

 

ドリッパー

出典:snow peak

コーヒー用のドリッパーはコンパクトになるものがおすすめです。

 

折り畳み式や組み立て式など形もいろいろあり、デザインもおしゃれです!

 

自分にあったお気に入りを見つけましょう!

 

UNIFLAME コーヒーバネット sierra

キャンパーの間で定番の折りたたみ式のステンレスワイヤーのドリッパーです。

 

雑味のないおいしいコーヒーを入れられると、アウトドアだけではなくコーヒーバネットはコーヒー専門店でも使用されています。

出典:UNIFLAME

UNIFLAME コーヒーバネット sierra

サイズ:約145×100×70mm(使用時)
    約145×100×20mm(収納時)
材質:18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
重量:約47g
セッ:ト内容:本体×1
    収納ケース×1
    2人用フィルター×10枚

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そらまめ(@omame_sora)がシェアした投稿

 

 

Snow peak フォールディングコーヒードリッパー(焚き火台型)

コーヒーを愛しているスノーピークが作った、焚火台型のドリッパー。

 

焚火台と同じ折り畳み式で持ち運びがとても便利!市販のペーパーフィルターが使えます!

出典:snow peak

Snow peak フォールディングコーヒードリッパー(焚き火台型)

サイズ:約104×104×96mm(使用時)
    約170×140×14mm(収納時)
材質:1ステンレス(SUS304)
重量:約140g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tenko(@campupu1113)がシェアした投稿

 

 

MUNIEQ Tetra Drip

 

「携帯性」、「安定性」、「おいしい」という3つの機能に絞り込み、両立するというコンセプトを掲げて開発されたコーヒードリッパー。

 

しかもこの機能だけでなくコスパに優れているおすすめ品です!

出典:Amazon

MUNIEQ Tetra Drip

サイズ:約103×69×4.5mm   
材質:ポリプロピレン
重量:約12g

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kei(@keiisept)がシェアした投稿

 
 

CAPTAIN STAG コーヒードリッパー

携帯に便利なシリコン製の折りたたみコーヒードリッパー。少し大きめで市販の2~4杯用のフィルターに適しています。
出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG コーヒードリッパー

サイズ:約110×80mm(使用時)
    約110×15mm(収納時)   
材質:シリコン(耐熱温度230度、耐冷温度-30度
重量:約97g

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kaori Omachi(@kaoriomachi)がシェアした投稿

 
 
 

ケトル

出典:snow peak

ドリップするとき必要なお湯を沸かすためのケトルです。アウトドアで使うケトルは、丈夫で軽量なものがおすすめです。

 

またケトルはコーヒーに限らず、カップ麺やお湯割のお湯を沸かしたりとキャンプにはとても重宝します。

 

一度に沸かせるお湯の量などを考え自分にあったサイズを選びましょう!

 

 

snow peak フィールドバリスタ ケトル

フィールドでも本格的なコーヒーを楽しめるフィールドバリスタシリーズ。

 

ハンドル着脱可能で注ぎやすさとキャリング性を兼ね備えた注ぎ口形状です。

出典:snow peak

snow peak フィールドバリスタ ケトル

サイズ:約230×130×190mm(使用時)
    約150×130×180mm(収納時)   
材質:ステンレス、ブラス、天然木
容量:1.0L
セット内容:本体×1
収納ケース×1

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Snow Peak(@snowpeak_urban_outdoor_enzu)がシェアした投稿

 

 

Coleman パックアウェイ ケトル

ティーブレイクを気軽に楽しめるアルミ製コンパクトケトル。傷がつきにくいアノダイズド加工。

 

滑りにくいシリコンハンドル。最後まで傾けてもフタが外れない設計。

出典:Coleman

Coleman パックアウェイ ケトル

サイズ:約150×130×80mm   
材質:アルミニウム、ステンレス、シリコン
容量:約0.6L
セット内容:本体×1
      メッシュポーチ×1

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. (@kai_design11)がシェアした投稿

 

 

CAPTAIN STAG キャンピングケットルクッカー

頑丈でありながら美しい光沢のステンレス製のキャンピングケトルクッカー。

取っ手の向きを変えて、ケトルと片手鍋の1台2役として使えます。

出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG キャンピングケットルクッカー

サイズ:約125×80mm   
材質:ステンレス鋼
容量:約0.9L

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

keita_simizu666(@keita_shimizu666)がシェアした投稿

 

↓私が愛用しているおすすめのキャンピングケットルクッカー レビュー記事↓

【CAPTAIN STAG キャンピングケットルクッカー900ml レビュー】

 

 

LOGOS  たためるケトル

かさばらずに収納・持ち運びができるたためるケトルです。ペッタンコに畳めるので邪魔になりません!

シリコン部分を伸ばせば約1L容量になり、熱に強いため直火も可能です。

出典:LOGOS

LOGOS たためるケトル

サイズ:約145×210×137mm(使用時)
    約145×210×58mm(収納時)   
材質:シリコン、ステンレス、ナイロン
容量:約1L

 
 
 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chizu(@moyunana_)がシェアした投稿

 

 

シングルバーナー

出典:snow peak

キャンプ場でお湯を沸かすためにはバーナーが必須です。シングルバーナーはガスとバーナーヘッドを分けることが出来るので、携帯しやすくコンパクトでおすすめです。

 

Coleman ファイアーストーム

安心安定のコールマンのシングルガスバーナー。3700kcal/hとコールマンの中でも最高クラスの火力です。

超軽量で携帯性も良く、ゴトクも大きいので大きめの鍋も使用可能の優れものです!

出典:Coleman

Coleman ファイアーストーム

サイズ:約120×110mm(使用時)
    約60×110mm(収納時) 
火力:最高時約3,300kcal/h(スーパーガス最大出力時)
燃焼時間:約3時間30分(470g缶使用時)  
重量:約150g

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yumatsu(@yu.pana03)がシェアした投稿

 

 

SOTO レギュレーターストーブ ST-310

低温の外気により、火力低下を起こしやすいCB缶の弱点をマイクロレギュレーターが解消。外気温25℃~5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮。

直径19cmまでの大鍋使用ができる大きなゴトクで調理にも最適です!

出典:SOTO

SOTO レギュレーターストーブ ST-310

サイズ:約170×150×110mm(使用時) 
火力:2,500kcal/h(ST-760使用時)
燃焼時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 
材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
重量:約350g
セット内容:本体×1
収納ポーチ×1

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ri_Sa_88(@risa88outdoor)がシェアした投稿

 

 

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー

カセットコンロといえば有名なイワタニの定番バーナー。コンパクトでスペックも申し分なし!

圧倒的なコスパの低価格おすすめのバーナーです!

出典:Iwatani

Iwatani カセットガス ジュニアバーナー

サイズ:約155×155×127mm(使用時) 
    約82×68×109mm(収納時) 
火力:2,300kcal/h
燃焼時間:約2時間(イワタニカセットガス使用時) 
材質:本体/アルミニウム バーナー・ごとく・脚・風防/ステンレス
重量:約274g
セット内容:本体×1
専用ハードケース×1

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

okazu tokyo(@okazuhanahana)がシェアした投稿

 

 

 

マグカップ

出典:snow peak

コーヒーの美味しさは味はもちろん、容器もこだわりたいですよね。携帯性や素材など大切ですが、やっぱり自分の好みのおしゃれなデザインのマグカップで飲みたいです。

 

Snow peak ステンレス真空マグ 300

デザインがシンプルでおしゃれなキャンパー定番のステンレスマグカップ。

 

優れた保温・保冷性で氷が溶けにくく結露しにくいため、冷たい飲み物にもぴったり。

 

もちろん温かい飲み物にもおすすめです。丈夫で軽く、アウトドアには最適のマグカップです!

出典:snow peak

Snow peak ステンレス真空マグ 300

サイズ:約73.4×90.3mm 
容量:300ml
材質:ステンレス
重量:約110g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jiro(ジロ)(@jiro_777_)がシェアした投稿

 

 

Coleman ダブルステンレスマグ 300

ランタンマークがオシャレな二重構造のステンレスマグカップです!

 

熱い飲み物を入れても冷めにくく、飲むときに口元が熱くなりにくいという特徴があります!

出典:Coleman

Coleman ダブルステンレスマグ 300

サイズ:約70.8×985mm 
容量:300ml
材質:本体/ステンレス(二重構造)、ハンドル/ポリプロピレン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

のぼる君(ふたりキャンプ)(@futari_camp)がシェアした投稿

 

 

WAQ チタンマグカップ 450ml (蓋付き)

人気のアウトドアブランドWAQのチタンマグカップです。

 

直火も使えクッカーとしても使え、内側には計量目盛りがついているので計量カップとしても使えます!

出典:WAQ

WAQ チタンマグカップ 450ml (蓋付き)

サイズ:約90×120mm 
容量:450ml
材質:チタン
重量:約90g
セット内容:本体×1
      蓋×1
      収納袋×1

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

pineapple(@camppine)がシェアした投稿

 

 

CAPTAIN STAG モンテ ダブルステンレスマグカップ350

人気のモンテシリーズの真空二重構造で保温・保冷可能なステンレスマグカップです。

 

広口タイプでスープなども飲みやすいです。

出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG モンテ ダブルステンレスマグカップ350

サイズ:約87×120mm 
容量:350ml
材質:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taku(@taku.s.1.2.3.4)がシェアした投稿

 

 

コーヒーミル

出典:snow peak

あらかじめ挽いた豆を持って行くのもいいですが、飲む直前に挽くコーヒーはやっぱり香りが違います。

 

よりコーヒーを味わいたい人には手軽で使いやすいコーヒーミルがおすすめです。

 

Porlex コーヒーミル2 ミニ

Porlex人気のコーヒーミルの改良版。新仕様になり、より細かな粒度調節が可能に!

 

今までと同じ回転数で約1.3倍多くコーヒー豆を挽くことが可能になりました。

出典:Porlex

Porlex コーヒーミル2 ミニ

サイズ:約50×135mm 
容量:20g(約2人分)
材質:セラミック、ステンレス、POM、鉄、PP、シリコーン
重量:約250g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hisakatsu Seki(@kacchan86)がシェアした投稿

 

 

Kalita コーヒーピクニック AG

珈琲器具メーカーの老舗カリタの手挽きミル。セラミックカッターでコーヒーの風味を損ななわない。

ハンドルが取り外し可能で収納もできるのでキャンプにも最適です!

出典:Kalita

Kalita コーヒーピクニック AG

サイズ:約530×157mm 
容量:15g
材質:本体/ステンレス、カッター/セラミック
重量:約235g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ひろ(@hiro_you_ryu_taro)がシェアした投稿

 

 

CAPTAIN STAG 18-8ステンレスハンディーコーヒーミルS

キャプテンスタッグ製のハンディーコーヒーミル。セラミック刃使用で金属臭がなく食材本来の風味をそこないにくい。

 

軽量でコンパクト、お手入れのしやすいので、アウトドアにおすすめです!

出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG 18-8ステンレスハンディーコーヒーミルS

サイズ:約460×135mm 
容量:17g
材質:本体/18-8ステンレス・ポリプロピレン、刃部/セラミック磁器
重量:約219g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kei(@keity.710)がシェアした投稿

 

 

パーコレーター

出典:Coleman

大人数でコーヒーを飲む時に手軽にコーヒーを淹れることができるのでおすすめです。

 

沸騰したお湯に、コーヒーの粉を入れ、弱火で数分抽出するで使い方はとても簡単です。

 

Coleman ステンレス パーコレーター Ⅲ

定番のコールマンの高級感漂うオススメパーコレーターです。本体、ストレーナー(コーヒー豆を入れる所)ともにステンレス素材でより丈夫に!

 

アウトドアでも美味しいコーヒーを飲むことができるようになります!

出典:Coleman

Coleman ステンレス パーコレーター Ⅲ

サイズ:約230×120×170mm 
容量:1.3l(約5カップ分)
材質:ステンレス、天然木
重量:約630g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@family.camp.yuyuがシェアした投稿

 

 

LOGOS ステンレスパーコレーター

錆や腐食の強く、さらに外観も美しく、耐久性の高いステンレスを使用。

取っ手は木製なので熱くなりにくく、フタ部分のノブは透明なので、抽出具合の確認がしやすい!

出典:LOGOS

LOGOS ステンレスパーコレーター

サイズ:約210×128×160mm 
容量:1l(約6カップ分)
材質:ステンレス
重量:約600g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Etsuji Nakata(@etsujinakata)がシェアした投稿

 

 

CAPTAIN STAG 18-8ステンレス製 パーコレーター

コスパ最高のキャプテンスタッグのパーコレーターです。他のものと引けを取らない機能性でこの値段は魅力です。

 

豆と水を入れ火にかけるだけで、おいしく香り高いコーヒーを淹れることができます。

出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG 18-8ステンレス製 パーコレーター

サイズ:約200×130×155mm 
容量:1.4l(約6カップ分)
材質:ポット/ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)
   取っ手/18-8ステンレス鋼・天然木
  ふたつまみ/ポリカーボネート
   ストレーナー/18-8ステンレス鋼
重量:約530g

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

虹子🌸mari(@over_the_here_haru_)がシェアした投稿

 

 

ドリップ以外でコーヒーを淹れる

出典:snow peak

コーヒープレス

挽いたコーヒー豆からお湯でコーヒーを抽出するという点ではドリップ方式と同じですが、その抽出方法が異なっています。

 

コーヒープレスは挽いたコーヒー豆をお湯に数分浸してからフィルターでこす方法です。

 

コーヒー豆がお湯に接している時間が長いため、コーヒー豆の持つ味や香りの特徴を存分に引き出せます。こちらも手軽な淹れ方でおすすめです。

 

Snow peak チタンカフェプレス 3カップ

豆の旨味を最も引き出すコーヒープレスはコーヒーが大好きなスノーピークらしいアイテム!

 

直接火にかけて、3人分のコーヒーが美味しくつくれます。

出典:snow peak

Snow peak チタンカフェプレス 3カップ

サイズ:約82×140mm 
材質:ポット・フタ/チタニウム、プレス部/ステンレススチール、ツマミ/エラストマー樹脂
重量:約200g
セット内容:カフェプレス3カップ本体×1
メッシュ収納ケース×1

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jumpei_camp(@jaypii.jp)がシェアした投稿

 

 

 

出典:snow peak
 

 

 

 

美味しいコーヒーでキャンプがもっと楽しみになる!

アウトドアで飲むコーヒーは格別です。特にキャンプ場で迎えた朝のコーヒーは最高です。

 

キャンプ場で美味しく飲むためには、必要な道具があります。

 

気になったアイテムはありましたか? お気に入りのコーヒーグッズを持ってあなたもキャンプに行ってみましょう!

 

↓これからの寒い季節のキャンプにおすすめ!↓

関連記事

アウトドアで人気のキャンプですが、これからの季節は寒さが心配です。 秋冬のキャンプでは、いかに暖かく快適に過ごすかがポイントとなってきます。 肌寒い時季のテント泊におすすめのキャンプスタイルの「カンガルー[…]

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク