キャンプスタイルの種類って何?初心者が始めやすいスタイル7選!

テレビやアニメの影響などでキャンプにはその時代によって流行りのスタイルがあります。

 

SNSで流行っているからと選んでしまっては自分に合わず楽しめないことだってあり得ます。

 

せっかくキャンプに行くなら、自分に合ったスタイルのおしゃれなキャンプを楽しみたいですよね。

 

今回は今から始める初心者の人におすすめのキャンプスタイルの種類と特徴をご紹介します。

 

 

・未経験でキャンプに興味がある人

・これからキャンプを始めたい人

・他のキャンプスタイルに興味がある人

 

 

 

キャンプスタイルって何が違うの?

出典:snow peak

キャンプにスタイルって?キャンプをするだけじゃないの?と思う方もいるのではないでしょうか?

 

テレビで見るように自然の中でテント張って、料理して、寝て起きてってだけじゃないの?と初心者の方は思うでしょう。

 

実はキャンプのスタイルには人数や宿泊方法、目的などでいろいろな種類のキャンプスタイルに分かれています。

 

 

 

キャンプスタイルの種類は?

日本ではSNSなどの口コミの影響で人気のキャンプや流行りのキャンプは常に変わります。

そんな中でも昔からある定番のスタイルはファミリースタイルでしょう。

 

最近ではテレビやYouTube、SNSなどの情報で一人でキャンプをするソロキャンプや、女性だけで楽しむ女子キャンプなど、たくさんの種類があります。

 

 

 

キャンプスタイルを見つけよう!

出典:snow peak

大切なのはSNSで流行っているからとかではなく、自分にあったスタイルを見つけることです。

 

家族と楽しみたいのか?一人で楽しみたいのか?仲間と楽しみたいのか?など自分が望むスタイルのキャンプを想像しましょう。

 

一人でのんびり過ごしたいのか、仲間とわいわい過ごしたいのかで目的も変わってきます。

 

目的が変われば当然キャンプのスタイルも変わってきます。

 

キャンプを楽しむための第一歩は、自分が求めているキャンプスタイルを知ることから始めましょう!

 

 

 

人気のキャンプスタイル

定番から最近注目のキャンプスタイルまでいろいろご紹介していきます。自分にあったキャンプスタイルを見つけましょう。

 

 

ファミリーキャンプ

出典:snow peak

定番のキャンプスタイルは家族で楽しむファミリーキャンプでしょう。

 

家族旅行の代わりにファミリーキャンプを楽しむ方も多いです。

 

自然のなかで子供をいっぱい遊ばせるのことができるのが魅力でしょう。

 

キャンプで食事の時間はやはり楽しみなのではないでしょうか?

 

家族みんなで分担しておいしい料理を作ったり、みんなで食事の時間を楽しめます。

 

またファミリーキャンプは、家族だけで楽しむものではありません。

 

仲の良いご近所の家族や、3世代や兄弟の家族など大人数でキャンプを楽しむことができます。

 

キャンプサイトで隣同士でテントを張って、広いスペースで大人数のキャンプを楽しめます。

 

大人数で集まれば食事の時間もパーティー気分で楽しめます。

 

子供たちも友達やいとこなどと一緒に遊べて楽しく過ごすことができるので、楽しい思い出ができるでしょう。

合わせて読みたい

アウトドアブームのおかげで、近年ますますキャンプ人気が高まってきました。 家族で初めてのキャンプを計画しようとされている方も多いのではないでしょうか? 「初めてのキャンプだし、まず何から準備したらいいんだ[…]

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yu Kikuchi Uzuki(@yuey.k)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

asami(@asmaahina)がシェアした投稿

 

ソロキャンプ

テレビやYouTubeなどでも人気のソロキャンプという言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。

 

ソロキャンプは少し前からSNSなどで流行り出したスタイルで、言葉の通り一人でキャンプを楽しむことです。

 

ソロキャンプは一人なので、誰かに気を使う必要もなく時間も自由に使えます。

 

またスペースも小さく済むのでテントや必要なアイテムも最小限で済みます。

 

 

一人で好きな時間に料理して、好きなもの食べて、好きな時間に寝る。

 

ソロキャンプは自然の中で一人の時間を満喫して楽しむキャンプスタイルになります。

 

日常を生活していると、どうしても自分一人の時間を持つというのが難しくなります。

 

家族がいると特に土日も誰かしらと一緒にいることになります。

 

自分の空いた時間に一人でぷらっとキャンプをすることができるのは魅力です。

 

必要最小限の荷物を、愛車やバイクに詰め込んで、いつでも好きな時にキャンプを楽しみましょう。

合わせて読みたい

ソロキャンプ、女子キャンプ、ツーリングキャンプが人気です。運べる荷物には限りがあるのでコンパクトにまとめたいです。 ソロキャンプの魅力は1人でゆったりとした時間と空間を楽しむことです。 釣り、読書、ブッシ[…]

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@723outdoor)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BASICBUILDS japan crew(@93big)がシェアした投稿

 

グランピング

グランピングというスタイルも流行りのスタイルです。テレビでもたくさん放送されていたので知っている人も多いのではないでしょうか。

 

グランピングはキャンプ道具も必要なく、キャンプを気軽に楽しむことができます。

 

グランピングという施設の中にはテントやバーベキューができる道具が一通りそろっているので、その場に行くだけで自然の中でキャンプを楽しむことができるんです。

 

グランピングのポイントは、ゆったりした広いリビングスペースにくつろげるソファやべッドが並んでいたり、ホテルのような豪華な設備があるということではないでしょうか。

 

セレブたちが気軽にアウトドアを楽しむような特集など多く取り上げられたように、グランピングはキャンプ道具が無くても身一つで体験可能です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@ae.dva.em)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mk3110(@m1k10924)がシェアした投稿

 

女子キャンプ

出典:coleman

森ガールや釣りガールなど女性が行うアウトドアが増えてきています。

 

女子キャンプは女子だけでキャンプをするので、男性や家族でキャンプするのとは違い、やはりおしゃれに可愛らしくテント内がアレンジされています。

 

おしゃれにレイアウトされたテント内をインスタなどSNSで発信する女子も多いです。

 

女子会など流行っていますが、女子キャンプではアレンジ料理を楽しんだり、会話を楽しんだりと野外の雰囲気を楽しみながら時間を過ごすことができるでしょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

itsuki osada(@itu6323)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mayu.02.21(@mayu.02.21)がシェアした投稿

 

車中泊キャンプ

テントを張ったりせず乗っていった車に寝泊まりするのが車中泊キャンプのスタイルです。

 

キャンプ場の予約などせずに海が見たいと思えば浜辺に向かい、山が見たいと思えば山に向かったりと気分次第で行き先を自由気ままに旅をする人もいます。

 

予定や時間の制限がないので思い立った時に出発する非常に気軽にキャンプを楽しむことができます。

 

また急な天候の変化や夜間の防犯面でも車中泊ならテント泊よりは心配がいりません。

 

車中泊OKの場所ならどこでも寝泊まりができ、テントの設営などもいらないので初心者の人でも始めやすいキャンプスタイルです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

C/K Parts Shop Hiroshi Moriya(@hiro3jp)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ayakan555(@ayakan555)がシェアした投稿

 

デイキャンプ

出典:snow peak

デイキャンプは日帰りで行けるキャンプのことです。通常のキャンプだと、テントを張ってそこで寝泊まりするというイメージがあると思います。

 

キャンプは体験したいけど、野外で寝るのはちょっと不安がある人にもデイキャンプは向いています。

 

野外で寝れないからとキャンプは諦める必要はありません!気楽に楽しみたい方はぜひデイキャンプに挑戦してみてください。

 

 

デイキャンプは日帰りなので、楽しめるポイントといえばやはり自然の中で過ごすこと食事ではないでしょうか。

 

デイキャンプなのでアレンジ料理を作ったり、持ち寄った美味しいお菓子をみんなで食べながら会話を楽しんでもいいですね。

 

花見などと同じように仲間同士や家族同士で集まってみんなでわいわいするのも楽しいでしょう。

 

ただ、車の運転などがある場合はお酒を飲めない人ができてしまうので注意しましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chisato(@chichifusion)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kaorinomi(@caorinomi901)がシェアした投稿

 

カンガルーキャンプ

出典:DOD

初春や初秋など、まだ肌寒い時季のテント泊におすすめなのがカンガルースタイルです。

 

大きなテントやタープの下に、小さなテントを張ったスタイルのことを言います。

 

まるで親カンガルーのお腹の袋に子が守られるように、小さなテントを大きな屋根が守っているようです。

 

 

ンガルースタイルは屋根が二重になるので、雨でも他のスタイルに比べて安心してキャンプを楽しめます。

 

カンガルースタイルは他に寒さ対策にもなるというところです。

 

二重にテントがあるので、テントのリビングスペースがすぐに温まります。

 

 

冬キャンプは虫がいないので人気はありますが、やはり寒いのが難点です。

 

しかしカンガルースタイルなら寒い時期でも暖かさを感じながらキャンプを楽しむことができるでしょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぎんぺー(@ginnosuke)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sakimi.n(@s.a.k.i_chara_everyday)がシェアした投稿

 

合わせて読みたい

アウトドアで人気のキャンプですが、これからの季節は寒さが心配です。 秋冬のキャンプでは、いかに暖かく快適に過ごすかがポイントとなってきます。 肌寒い時季のテント泊におすすめのキャンプスタイルの「カンガルー[…]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

キャンプのスタイルにはキャンプの参加者や目的・テーマなどで色々な種類に分類されます。

 

自分がどのようなキャンプを目指すのかによってキャンプスタイルは変わってきます。

 

 

最近は色々なキャンパーが増えています。インスタなどのSNSやYouTubeや雑誌などをみてまずは自分にあったイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

 

 

↓外出自粛でキャンプには興味があるけど行きづらい!って人におすすめ記事↓

SNSで話題!!

今、SNSでも注目を集めているアウトドアのスタイル「ベランピング」。 自宅にいながら手軽にアウトドア気分が味わえると注目を集めています。 今回ベランピングの魅力とやり方をご紹介します。 […]

スポンサーリンク